教育方針

このエントリーをはてなブックマークに追加

トータスは幼児~高校生への個別指導を専門とする学習塾です

教育方針イメージ

 トータスでは、一人ひとりの個性や特性に合わせて39段階程度の教材を各学年ごとに作成し、個々のステップに応じて指導を行っています。
 そのような十人十色の指導を行うために、学年、曜日ともに通塾生には人数制限が設けられております。学年によってはお断りするか、空席待ちをしていただくこともありますが、教育の質を重視させていただきたいため、ご理解をお願いいたします。なお、空席待ちをいただく場合にはその期間、別途フォロー指導をさせていただきます。

目標イメージ

 生徒のカリキュラム、教材の決定は塾長であり、教育心理学を専門にしている塾長(吉田敏明先生)が面談や子どもの学習の様子の観察を通して子どもに合わせて個別に作成し、必要に応じて改訂をしております。
 指導は塾長も含めた専任講師とアルバイト講師(①大学生・大学院生で、②主にトータスの卒業生であり、③教職を目指している熱意のある方たちを中心に採用しております)が指導にあたっております。講師たちは研修やスーパーヴィジョンを通して種々の指導法を学びながら、毎日の指導に当たっております。

講師紹介はこちら


教育方針

コーチングの手法を用いた指導実践を行っております

目標イメージ

大切なことや学習の仕方、宿題のルール等を「指導し」、

宿題、問題演習やテストでできたことを「誉め」、

確認テストやカリキュラム指導で子どもの成長を「認め」、

困っているときには「励ます」。



公教育の現場・他塾・マスコミから高く評価されるトータスの教育理念と実績

目標イメージ

 2014年には「中居正広のミになる図書館」の取材を受けました。また、塾長は練馬区教育委員会主催の教育講演に招かれて講演活動を行ったり、練馬区の教員研修で講師を務めたり等、公教育の現場でもトータスの教育理念と実績は高い評価を受けています。「民間の小さな学習塾の先生が公立高校の先生に教え方について教える」というのは極めてまれなケースかと思います。

目標イメージ

 さらには、学習塾の先生方対象の勉強会で講師を依頼される等、他の塾からも高い評価を受けております。
 そのた子どもたちの教育に関する啓発活動を18の企業、研究機関、大学、学生サークル、親の会と共同で行う等、方々で様々な活動を行っております。私たちはトータスは今後とも、積極的に「未来ある子どもたちへの教育」に力を入れ、これらの取り組みも推し進めていきたいと考えております。


主な年間行事

イベント
4月 春季学習会
5月 ゴールデンウィーク特訓
日曜勉強会(1学期中間試験対策)
6月 日曜勉強会(1学期期末試験対策)
7月 夏期学習会
8月 夏期学習会
夏期日帰り合宿特訓
9月
10月 日曜勉強会(2学期中間試験対策)
11月 日曜勉強会(2学期期末試験対策)
12月 冬期学習会
年末特訓
1月 正月特訓
冬期学習会
2月 日曜勉強会(3学期学年末試験対策)
3月 春期学習会